指揮法の講座

大阪東成区の玉造の駅前にあるKMC音楽院から昨年末に指揮法の講座の担当を依頼されました。
学院長の柳先生とは、音楽の現場で40代に出会っていらい、突然のコンタクトでした。
「覚えてくださってありがとうございます。」との挨拶から始まりました。

昨日は個人レッスン。受講生のIさん。一流上場会社に勤めるお方。指揮は初心者でしたが、まじめに取り組む姿勢に、感動を覚えました。「私から奪えるものは、全部もっていって」という気持ちです。

たくさんのご配慮をもってお迎えくださった柳先生、学院いらしたクラリネット奏者・名アレンジャー植田さんとの再会、そしてIさんとの出会い、まさに交わりの恵みでした。

 

 

新年あけましておめでとうございます。

大阪コンソートの平井画伯から今年も素晴らしい日本画をいただきました。

◆農家の人々が豊かな実りを願って飾った俵牛。帝に献上品を運ぶ 俵牛の姿が原点との説があります。
◆錦の飾りで米俵3俵を担いだ力強い俵牛、土人形の代表的なもので日本各地で親しまれています。
◆牛は天神さんのお使いの意味もあります。
解説 https://www.nagomi1ban.com/yamato/n1-090.html

花は白色五弁を普通とし、早春の候開き馥郁たる香気を放ち、その品種には重弁もあり、単弁もあり、色は白色の外、紅色、淡紅色のものもある、紅色のものを紅梅といふこと今更いふまでもない、

百花の魁として寒風霜雪を冒し、清楚な花を開き芳烈な香気を発するので、日本に於ても支那に於ても、古くから人々に愛玩され、此の花に風懐を寄せた詩歌文章の如き枚挙に遑もなく、絵画に現はれたもの、これを画題としたものも極めて多い、品種は約百二三十種に上る。

解説 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/artwiki/index.php/%E6%A2%85#.E7.94.BB.E9.A1.8C.E8.BE.9E.E5.85.B8

来年は「コロナ禍転じて福となす」

そうありたいです。
コロナの中での幽閉生活は、自分の置かれた環境があらゆる意味で淘汰された時間のように思います。
ふるいにかけられ残されたもの(物であり者でもある)こそ、pureであり核であると信じたい。
いまこそ出陣の時かもです。
「量は減っても、質は高まった」そんな思いです。

 

 

 

 

心をつなぐ○○パワー!ビデオ通話の極意 NHK

ZOOMレッスンや授業でのホストは、対面に比して数倍疲れます。その原因と対策を、NHK番組が伝えました。何というタイミングでしょう。それだけ多くの方が悩んでいるということなのでしょうね。キーワードは受講生の中に「うなずき役」を一人作ること、だそうです。

以下がその記事です。


続きのページはこちらをクリックしてください。

初めてのリモート合唱「小さな幸せ」に救われました。

この動画を作ろうという話が団員から持ち掛けれた時は、私は気持ちがふさいでいた。私の大きなステップアップとなるはずだったSing for Peaceがコロナのために中止となり、すべての私の音楽活動が停止。私は生きる活力をも全く失っていた。それは、細君の「私がいなかったら生きていないかもね」と言わしめるほどに失意のどん底の毎日だった。
 
自分だけでなく、みんなも戦っている。音楽の仲間って喜びだけでなく、苦しみも共有すること肝要かなと、不安と戸惑いを覚えながらカメラの前に立ったのです。
 
出来上がったこの動画に映るメンバーの顔を見て、歌声を聴いて、どれだけ励まされ、喜んび、うれしく思ったことか。社会的な閉塞感の恐怖の中にあっても、みんなが「小さな幸せ」に心を寄せることで、大きな救いのメッセージをしかと心で受け止めさせていただきました。
 
きっと参加くださったメンバーも、私と同じ気持ちになったように思います。
  
勇気と希望をありがとう。

 

推薦文

大阪音楽大学客員教授・
関西合唱連盟名誉会長 日下部吉彦

日本の合唱音楽の水準は、世界が認めるほどの高さです。合唱コンクールや合唱祭などを聴いても、プロ、アマの区分けがつかないほどの素晴らしさ。それぞれのリーダーも国際水準ですが、ひとつ不満があるとすれば、音楽が、やや“内向き”といえるでしょうか。
この音楽を、だれに聴かせたいかという意識。仲間やその周辺の人たちだけでなく、大きくいえば広く、社会の人たち。ふだんは全く関係のない人たちにも訴えて、こちらを向かせようという積極的な姿勢ですね。
そのためには、高度な技術と音楽が必要。それを身につけている指揮者が富岡健さんです。
彼が指揮をするコンサートでは、必ず、思いがけないハプニングがあります。意表を突いた表現、演出があり、客席を引きずり込んでしまうのです。これは、ホンモノの音楽だからこそ出来ることなのです。
時には、彼自身がピアノを弾きだしたり、ヨシモト顔負けのコントが入ったり、それが少しも不自然ではない。シアターピース仕立ての合唱音楽の楽しいこと。
これらのことは、素晴らしい能力を持つ指揮者、合唱団と、それを受け入れる客席の聴衆のみなさんがあってこそ出来ることなのです。富岡さんの、このような“百面相”を、どうぞ楽しんでください。

 

全日本合唱連盟名誉会長
浅井 敬壹

すっごいなあ。これは他の誰にも、創れない!昨年9月のフラワー・コーラス創立50周年記念演奏会、鳴りやまぬ万雷の拍手。心からの声援を送りながら、“日本に、こんな音楽監督がいたとは!”そう思った。
温かな、人への愛を、他に類を見ない独自のセンスと深い視点で企画・演出・編曲・指揮され、目で・耳で・心で感じる音楽空間を創造される富岡健先生。私が尊敬する芸術家です。そして絶対にブレることなく、まるで職人のように、間違いなく完璧なものを創り上げるその腕は、世界広しといえども滅多にいない名指揮者です。
富岡健という指導者にめぐまれた合唱団は幸せです。感動を共有できる客席も幸せです。きっと“合唱”の概念をぬりかえ、今まで体験したことのない新たな境地へ、私たちをいざなってくださることでしょう。