一万人第九、私の3クラスが終了しました。

DSC_0011(毎日放送からの花束を、いつもアルト一列目でしっかり歌っていた
小学6年生の女の子からいただきました。
写真提供はお体のご不自由なお母様をいたわりながら
ご一緒に参加のテナーのMさんです。経験者8クラス)

DSC_0103x480(もう一枚写真をコンソートのMさんから頂きました。
左の女の子はピアノの岡林先生への花束プレゼンターです。)

「終了」というよりも「修了」という言葉がいい表しているように思います。
受講生3クラス合わせて700名が
夏の終わりから経験者2クラスは6回のレッスン、
初心者1クラスは12回のレッスンを重ねてきました。

初心者は今年も「まったく第九は初めて」という方々が半数を占めました。
12回でこの曲を上手にうたえるとはおもいませんが、
少なくともベートーベンに近づき、
第九に親しみをもっていいただけた、と自負しています。

受講生のみなさま、大阪城ホールで
それぞれの思いを持って第九を歌い上げてください!!!

image1_480(初心者クラスにはお二人の目のご自由な方が皆勤でご出席くださいました。
お二人のご努力と付き添ってくださった方のサポートに感謝し、
毎日放送からのお花をお二人に贈呈しました。写真のお二人は毎日放送のスタッフです。
この写真はアルトの新妻に連れられてご参加のバスのUさんから頂きました。)

富岡先生(この写真は可愛い小学生のお嬢様とご一緒にご参加くださっている
Sさまが贈ってくださいました。この方はMBSの技術職の方なのですが、
一般の皆様と同じように毎年のように応募しご参加くださっています。)

 

とてもうれしいお便りをいただきました。抜粋して掲載させていただきます。

メッセージ (U様)
 今日は『一万人の第九』レッスン最終日でした。
とても名残惜しく、終わってしまうのが残念です。
 先生が今日、お話しされた「第九は人生の応援歌」という言葉はまさにいまのわたしの実感です。
 私事ですが先月初旬、父が急逝しました。喪中に歓喜の歌!?という言葉が一瞬、頭をよぎりました。
 しかし、毎週のレッスンはわたしの心の支えであり、生活の張りでもありました。
 第九を合唱していると「これからは自分の人生を楽しもう!」と思えました。
 明日、満中陰を迎えます。いまは両親を見送り責任を果たした安堵感に包まれています。 
 楽しいレッスンで合唱の喜びを教えて下さいました。第九に参加できる幸運に感謝しています。
 富岡先生、本当にありがとうございました。

 

メッセージ (K様)
第九で富岡先生の森ノ宮Dクラスにテノールで参加させてただいた者です。
本日は最後の練習でしたが、12回の練習を終えて改めて富岡先生のクラスで
練習できたことを幸せに感じ、今日は最後にお礼を言うこともできませんでしたので、
メールさせていただきました。

元々クラシックに全く興味のなかった私ですが、
彼女に連れられてなんとなく参加したのが去年です。
楽譜が読めない中、CDを買って通勤の電車で必死に歌詞とメロディーを覚えたことを覚えています。
四苦八苦しながら参加した去年から一転、
今年は毎週本当に楽しく練習に参加することができました。

富岡先生の授業は、楽しいながらも
ベートヴェンの想いや、音楽とは何かという非常に深いテーマがあって、
それが私にとってはとても充実した時間でした。
今日の最後の練習、とても感動しました。
ベートヴェンがどんな想いで第九を作ったか、
それを受けて私たちはどんな気持ちで歌うべきなのか、
富岡先生の情熱あってこそですが、先生の言葉がとても心に残りました。
なんだか最後は学校の卒業式にいるような気分で、
このクラスからの卒業が寂しくもありました。
「学生の時もこんな先生からこんな音楽の授業が受けられていたら
きっとクラシックにもっと興味を持てていたのに」そんなことさえ思いました。
2週間後には本番ですが、富岡クラスの練習を胸に秘め、
精一杯ベートヴェンのフロイデ!を表現してきます!

森ノ宮Dクラスのテノールの若者より

 

メッセージ (O様)
今日最後のレッスンを終えて、どうしてもお礼を申し上げたくてメールさせていただきました。
今まで第九をなんとなく聞いていてなんとなく感動していたのですが、
今日のレッスンのお話を聞いてとても心に響きました。
先生の人柄を感じて、最後は涙が止まらなかったです。

休憩後の先生のサプライズにとても感激し、
なんだか卒業式みたいな感じがしてとてもさみしい思いになりました。
ベートヴェンの想いや、人生の応援歌だとおっしゃる
先生の一言ひとことがとても身にしみて、
本当に先生に教えていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
これまでなんとなく聞いていた第九も、全く違ったものに聞こえてきました。
音楽って感じ方で全く別物になってしまうのですね。

かい先生のかっこいいピアノと富岡先生の厳しくも優しさのある指導に、
第九に参加できている喜びを感じました。
これからお会いできないのかと思うとさみしい気持ちになりますが、
先生のクラスで歌えたことを忘れずに本番に挑もうと思います。
先生のクラスで、第九の素晴らしさをたくさん教えていただきました。
本当にありがとうございました!

 

光の教会でのコールカナリーのコンサート。

チラシ480
12名のアンサンブルですが、
この団体でしかできないこと、この団体だからできることを念頭に、
安藤忠雄の代表作の一つである
光の教会・日本基督教団茨木春日丘教会で行うことができました。

教会の豊かな響きの中で、
少人数アンサンブルの「いいところ」を発揮することができました。。
メンバーお一人おひとりが自覚と責任を持って取り組んでくださったことが
何よりもうれしく誇りに思いました。

この祈りの場である礼拝堂での演奏会をお許しくださった春日丘教会の皆様、
私たちを導いてくださった安田長老、
マザーテレサの言葉を曲中で朗読くださった下川長老、
そして私たちのためにオリジナルの降誕物語を綴り語ってくださった大石牧師に
心から感謝申し上げます。

「カナリーでしかできない演奏会」というコンセプトでしたが、おわってみれば、
「茨木春日丘教会だからできる、春日丘教会でしかできない」音楽空間だったな、
という思いを強く心に覚えました。
そしてそこには神様の導きと恵みがあったことも・・・・。

 

感想を滋賀男声のAさんがお寄せ下さいました。
==============
昨日はとってもとっても素敵なひと時を有難うございました。
春日丘教会独特の個性的な雰囲気と
少人数のカナリーの個性を知り尽くした富岡先生が、
誠に粋な選曲と企画、そして味わいのある演出で、
ひと月早い上品なクリスマスコンサートを楽しむことが出来ました。
ここまでこられるのには多々ご苦労があったものと想像しますが、
富岡音楽をやり終えた者だけが味わえる幸せ感を
12人の団員の皆さんが、しみじみと感じておられるものと確信しております。
団長の柴田さんが常日頃「少人数」を気にしておられましたが、
少人数の点とパートの声量バランスは全く気にならず、
逆に強みにさえ感じられ、豊な表現力は素晴らしいものがありましたね。
特につかみの「マザーテレサ」は、納得でした。
それに加えて、富岡先生の「コンサートの企画力」にも脱帽致しました。
音楽会というのものは、基本となる演奏の質のみならず、
指揮者と演奏の発するオーラとそれを受けたお客様側からのオーラ、
それがうまく融け合ったコンサートの楽しさ、
ホールの持ち味を生かす演出、演奏の間の取り方、等々
全ての要素を読み切った上で企画構成を考えるものなのだ!と痛感いたしました。
先生が思い描く富岡流のシアターピースとは、
これをもっともっと高めてゆくことなのでしょうか。
又々、感動の一日を有難うございました。

 

7th Kyoto Ladies Autumn Concert

参加者

フラワーコーラスが出演しました。
何人かの長老格がご欠場でさみしいことでしたが、
CHILCOTT, Bob作曲ののNidaros Jazz Massから
Kyrie Gloria Sanctusを演奏しました。
フラワーコーラスにしては珍しく?!振りも演出もなしで、挑みました。

この曲は浅井敬壱前全日本合唱連盟理事長がよびかけられた
チルコット氏を招いた京都での講習会で取り上げられた作品でした。
それ故に、今回の参加団体の多くがその講習会を受講されているという、
プレッシャーの中での演奏でした。

ジャスの軽妙なノリには及ばなかったかもしれませんが、
フラワーらしい「堂々とした」演奏になったように思います。
リサイタルのための準備としてはいい成果と
今後の課題を見つけることができました。

 

P1020102blogステージ練習風景です。

11/3 バッカスフェスタでW受賞の快挙です。

大阪コンソートTTBBが関西合唱連盟名誉会長賞。
滋賀男声合唱団が関西合唱連盟理事長賞。
ゲストだったイギリスのBath男声合唱団とも交流して、
楽しい一日でした。
滋賀男声のビートルズは彼らにとって「異国で聞くおらが歌」ですから
喜んでくれたようですが、
TTBBの関西弁の「子供のうた」も
面白かったそうです。
言葉ではなく音楽の3要素「メロディー・リズム・ハーモニー」が
国境や文化を越えて音楽の喜びを共有できるものと確信しました。

大阪コンソートのFACEBOOKに演奏がUPされています。
https://www.facebook.com/osakaconsort

バッカスフェスタのインフォメーションは
主催の関西合唱連盟のHPよりも
京都府合唱連盟のHPの方がインパクトがありました。お立ち寄り下さい。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kyoto-jca/16-bacchus-festa.pdf

後日写真が手に入れば更新しますね。

11/2 白浜バプテスト基督教会を再訪しました。

P1020061x480同志社グリークラブのOB団体の一つである
クローバークラブ水曜会のメンバー14名の方々が、「小さな幸せ」を演奏し、
教会の昇天者記念の「諸聖徒の日礼拝」にご奉仕くださいました。
メンバーは79歳から88歳までのご高齢にもかかわらず、さすがにベテランです。
見事な歌心とハーモニーを礼拝堂に響かせてくださいました。
今回の再訪の呼びかけ人はこのグループの最長老の岡本氏。
前回の大阪コンソートの表敬訪問団のメンバーでした。
またその時の参加者だった山岡氏は今回も同行くださいました。

P1020051x480指揮者の脇地先輩。このグループの最年少!!!。新宮のご出身です。

P1020047x480前日から読売放送の白浜保養所に投宿。朝9時からの教会での練習風景です。

P1020058x480私も「小さな幸せ」を指揮させていただきました。

P1020057x480美佳も伴奏者として奉仕しました。

今回の再訪にあたり、最もうれしかったことは、
一昨年初めて表敬訪問した時に、礼拝出席者を前にして
この教会に保護されたあと気力を回復し、
社会への再出発の「証し」をたてられたあの青年が笑顔で私に
「その節はありがとうございました」と
ご挨拶くださったことでした。
今はNPOの関係団体のお惣菜屋さんの責任者としてご活躍です。

また今回の訪問にあたり
奈良合唱フェスティバルの演奏会に関連して楽譜購入で寄せられた寄付金、
フラワーコーラスの団員による寄付金、
三田シルバーコーラスの皆様からの支援物資をお渡しすことができました。
感謝申します。
領収書等は「小さな幸せ」特集ページで後日ご報告します。

10/26 シルバーエコー篠山リサイタル客演指揮

CCI20140924_0000

オペラ座の怪人を編曲、指揮、そして演出を仰せつかりました。
またこの演奏会ではサクラダファミリアと名付けた
篠山少年少女合唱団の卒団生とお母さまたちのアンサンブルが
最初で最後のステージをご披露しました。

田園交響ホールのスタッフの協力を得て、
ステージ背景に次の画像を使わせていただきました。

25e5258a258725_300オペラ座の舞台

夜空300Music of nightの舞台

仮面舞踏会300仮面舞踏会の場面