詩人・坂村真民と出会いました。

亀岡の山の上に引っ越して1年たちました。
脅されていた厳しい冬の寒さと雪の深さは、
思ったよりも緩やかなものでした。
昨年はじめておめにかかった庭続きの貯水槽の「モリアオガエル」の卵は、
今年も枝の間に数個発見することができました。

この一年ずーと気にしていた「まだま村」というカフェでコーヒーをと出かけました。
我が山荘から車で10分のところですから、山荘から一番近いカフェかもしれません。
グルメ雑誌にはこう紹介されています。
————————————————————–
大阪近郊のスローな店というと「まだま村」がおすすめ。
直径12メートル、高さ11メートルもあるヨシ葺きの屋根でできた竪穴式住居風カフェだ。
大黒柱や梁は約300~400年前のケヤキで、解体された古民家から集めたものらしい。

冬には薪ストーブがたかれ、囲炉裏に手をかざしながらお茶を飲む。
土間だから底冷えするのだが、こころが喜んでるのがわかる。
仕事では男勝りな嫁も、話し声がやさしくゆーったりとしてくるから不思議。
待たされても気にならない。店の方いわく縄文リズム縄文タイムだそうだ。
茨木市の奥、竹やぶの中にひっそりとある。
————————————————————–

その店にでかけてびっくり。
店の前には「念ずれば花ひらく」の石碑が、
店の中には「二度とない人生だから」の立派な大きな書が掲げられ・・・・
店内の小物の陳列台には写真集「坂村真民・書は心」がおかれ・・・

昼時の忙しい時間だったにも関わらずオーナーに
「この写真集を下さい」と話しかけたら、
オーナーも驚いたように
「ご興味がおありですか?」と聞き返されました。

「二度とない人生は。いまや合唱界ではベストセラーです。
鈴木憲夫さん作曲の曲集の初演をお手伝いしました。」

「そうですか。合唱のことははじめて知りました。
私は坂村真民先生を尊敬し、弟子入りしました。
この写真集は坂村真民先生がをこの店にご招待したら、
気に溢れるこの地で、書に没頭したいとおっしゃって、
6時間もこもって没頭されたのです。
その様子を私がカメラに収めてたのがこの写真集です。
先生の気迫に恐れをなして、とても正面に回ることもできず、
だから先生の後ろすがたしかシャッターを切れませんでした。」

そんな会話を交わして、
初演とのDVDと楽譜を持ってくることを約束して店をあとにしました。
写真集はいつも新譜の出版のたびに新刊書を送ってくださる
鈴木憲夫先生にプレゼントすることにしました。
坂村真民を私に近づけてくださった導きに感謝しながら、心のなかでは
この店ででいつかチェロによる「バッハの無伴奏ソナタ」を聴くコンサートを
仲間や友人と開きたいと思ったのでした。

まだま村HPはこちらです。
http://madamamura.com/about

京都合唱祭、今年は「ふじの花」が代表権。

 

昨日の京都合唱祭では
フラワーコーラスが一昨年・昨年と2年連続で代表権を得たので選考を辞退。
しかしながらもう一つの指導団体「ふじの花」が創立10年にして、
初めての代表権を得て、8月の東京での全国大会に出場が決定。
私としては3年連続の全国大会と相成りました。

嬉しいメールをいただきました。ご紹介させてください。

● フラワーはやはり今年は遠慮せよとのことだったようで残念でしたが、圧倒的な実力はもう自他ともに許す所でしょう。素晴らしい演奏でした。
 ふじの花が代表確定とのことでおめでとうございます。柔らかい音色は更に磨きがかかっていましたね。落ち着いた気高い雰囲気の演奏は、フラワーとは違う良い味の団に育ってきていますね。A.A

● ふじの花さん、全国大会ご出場おめでとうございます。
先生も3年連続で、ほんとに凄いなぁと感服です。本当に本当におめでとうございます。J.S

● 本日のフラワーさんのステージに私は芯から感動し、8分の舞台芸術としてダントツトップだったと評価しています。作詞家、作曲家、指揮者、歌い手、観客の全員があの音楽の楽しさ・感動を共有して楽しめたからです。その音楽がもつメッセージを見抜きどう伝え、感動を共有するか、魔術にというべき集団芸術力に只々びっくりし感動し、唖然としておりました。今年もまた、新たな究極の音楽を塗り替えてしまわれたことに拍手をお送りしたいと思います。K.A

● まずは、ふじの花さんの全国大会出場、本当におめでとうございます。なんだか、フラワー皆、自分たちのことのように、いやそれ以上に嬉しかったかも知れず、メンバーの方々と思いっきりハグさせてもらいました。私も皆さんの顔見ると、涙ぐんでしまって・・

ふじの花さんの今回のステージは、Rossettiと信長さんのコラボ作品を、とてもエレガントに表現されて、歌唱とパーフォマンスがぴったり寄り添っていて、ほんとに素敵でした。ふじの花さん、新境地を開かれた感がしました。努力されたんでしょうね!全国大会でも、キラッと光る、綺麗~、上品、美しい~オーラを発して、会場を惹きつけてくださることでしょう。

富岡先生がそれぞれの団の個性を本当に見事に引き出して、やりすぎでもない、しかしインパクトのある演出、どんどん磨きがかかり、演出家としての富岡健の魅力が今回もしっかり実証されましたね。50周年までにもう一度フラワーの皆で全国の出演もしたいなぁと思っています。M.U