コーラスふじの花リサイタル(作成中)

7月22日(日)京都コンサートホール小ホールでふじの花のリサイタルが行われました。
5月の合唱祭で全日本大会の京都府代表のに推挙されたこともあって、入場整理券は完売。
役員さんたちは当日の入場者数が定員をオーバーすることを心配するほどでした。
結果は奇跡的に定員キチキチでした。
仏教賛歌から企画ステージも、お楽しみいただけたようです。

滋賀男声のA様がレポートを寄せてくださいました。
———————————————————
厳しくも長い一日だったとは思いますが、聴く側の我々にとっては
心温まる素晴らしい一日でした。
私の音楽のお師匠である「伊吹新一先生」の言葉で、
演奏会が終わってホールから出てこられるお客様の顔が演奏の結果を物語っていると
常々言っておられたことを思い出しました。
昨日のホール出口では、お客様の顔が何と晴れやかで穏やかな表情だったことでしょう。
演奏の全てに於いて、
無理のない優しい母親の懐に包まれたような自然さが、特に印象に残りました。
 前回の私の感想で、ふじの花さんを「京都の奥座敷から来られたご婦人方の合唱団」と
表現したように思うのですが、今回改めてその形容は間違いないと思いました。
 自然に備わっているような皆さんの気品ある雰囲気は、
ふじの花独特の最大の優れた持ち味ですね。
音楽の醍醐味は、演奏側と聴く側共に楽しさを共有することという
富岡先生の思いがふじの花さんの演奏から素直に伝わって参りました。


そのシンボル的ステージが第ⅢのYesterday onece moreだったですね。
企画ものには違いありませんが、動きも選曲も単なる懐メロステージではなく、
何か今の自分たちに元気を頂けたような受け止め方が出来ました。
ソプラノの素直な可愛らしい発声がピッタリとツボにはまっておりましたね。
仏教讃歌は久々に聴きましたが、ミサやレクイエムも結構ですが、
私には故郷に帰ったような懐かしと温かさを感じました。
この作品群には子供の時から浸っている自然さがありますね。
又、ふじの花の持ち味にもきっちりと合っているからでしょう。

Ⅱステージはお馴染みの鈴木先生もの。
仏教讃歌とは違う抑揚のある感情の表現が心に浸みました。
 
そして、最後のイギリス童謡集は八幡文化センターの再来!
八幡の演奏が非常に印象深かったので、演奏作品が増えた故でしょうか、
やや全体としては印象が浅くなりましたが、
富岡先生の「合唱団の個性に合った」選曲の巧みさを感じました。
これぞふじの花そのものでしたね。
一人一人が輝いて音楽を楽しむお母さんコーラスの原点の姿が
昨日の演奏会だったと思います。

8月の全国大会では、誇りある我が京都の代表として、自分のペースを守りつつ、
「淡々とそして堂々と」演奏をして来て下さい。
 ありがとうございました。

ピアチェール女声合唱団リサイタル(作成中)

7月8日(日)河内長野ラブリーホールでリサイタルが行われました。
20人という少人数ながら大ホールでの開催でしたが、多くのお客さまに恵まれました。
金子みすずの世界を、
歌と日本の原風景とも言える里山の画像をステージいっぱいに
映し出す演出は好評を得ました。

滋賀男声合唱団のA様から感想文をいただきました。

——————————————————————

プログラムを拝見すると、先生の紹介の後に「構成」と書かれており、
期待がふくらみ、そして嬉しくなりました。
1.ステージの「みすずこのみち」の演奏が始まって、
先ずはいかにもきれいに揃った女声合唱らしいソプラノの音色が素晴らしいと思いました。
女声合唱の定番となったみすずシリーズですが、
今を生きるお母さん達の琴線に触れるからでしょうか、
加えて情感豊かな富岡サウンドは目をつぶると、
山口県生まれの金子みすずさんではない雰囲気から、
私は大好きな信州を思わせる良い演奏だったと思います。
「このみち」ⅠとⅡはとてもきれいな旋律で、心が洗われるような清々しい演奏で、
改めて、作曲された鈴木先生のセンスの良さを感じました。
ステージのスクリーンには歌詞にふさわしい情景が次々と映し出され、
目と耳の両方で演奏を楽しめました。
 
2.「北の国」からは、今ときめいている松下耕の編曲で、
さだまさしの作品がまるでクラシック音楽のように聞こえる所もあり、一際柔らかくなった皆さんの表情と相まって、
会場は益々良い雰囲気に変わっていったようでした。

休憩を挟んでの、3.“Memorial Songs”では、
このステージそのものがHappy Talkだったですね。
“Jazz Missa”は、ミサをジャズ風に楽しく演奏する狙いの作品だったと思いますが、
少し生真面目に演奏されたようでしたがそれもご愛敬でしょう。
 このステージで、聴衆の方は 出演のみなさんの知己の方が多いからでしょうか、
柔らかいほんわかムードは何とも表現のしようのない良い雰囲気でした。

4.Gershwin曲集は、これぞ洒落たご婦人方の合唱団の本領発揮ステージでした。
動きには正直ややぎこちなさがありましたが、
皆さんの精一杯のご努力に頬が緩みつつ、楽しく聴かせて頂きました。

 アンコールのお馴染み定番作品「小さな幸せ」を心の中で一緒に歌いつつ、
富岡先生という共通の師を仲立ちとして、
次々と広がってきた合唱団交流の輪が更に更に大きく、
厚く、高くなることを切に願いながら、河内長野を後に致しました。
 
南海電車の車中では、プログラムを広げ一つ一つのステージをもう一度思い出しつつ、
「富岡音楽の楽しさ」の余韻を味わいました。
長い一日でしたが、素晴らしい一日でもありました。
先生始め、横山様や皆さんのご努力に深く感謝申し上げます。