オペラ座の怪人男声版初演・・・滋賀男声合唱団

12TeienTirasi-760

リサイタルにお越しくださってありがとうございました。1600人のお客さんに恵まれての演奏会となりました。感謝です。加えて第3ステージのオペラ座の怪人の初演にあたって、素晴らしい発表の場を私に与えてくださった滋賀男声合唱団の皆さんに心からお礼申し上げます。

お越し下さった方々からうれしいメッセージを頂戴しました。わずかに手元にあるゲネプロ、ステージ練習の写真を交えてご紹介いたします。(後日正式な写真が出来上がれば差し替えます。)。

(1)フラワーコーラスのMさんからいただいたメッセージ

20周年記念の演奏会の看板演目である「オペラ座の怪人」、チラシの仮面とクリスティーヌの絵も素晴らしく、びわ湖ホールのステージがどんな劇場に代わるのであろう、滋賀男声の皆さんはいったい怪人ファントムとラウルをどんな風に演じられるのであろうと、想いをめぐらせていました。

IMG_20150220_2119380008まず松田みゆきさんの想像を掻き立てるピアノと、音色の奥行きを広げる井上なおみさんの電子オルガンが加わり、そこにミステリアスであったり、神秘的であったり、胸にドキンと突き刺したり、迫りくる迫力を宮本妥子さんの最強のパーカッションが花を添えて、合唱ミュージカルの幕開け!
ステージ中央に、シンボル的に怪人ファントムが現われて、仮面をかぶり、マントを広げて纏い、オペラ座の怪人の世界へと引き込まれていきました。
舞台の左右から、団員皆さん上下黒の衣装に首からスカッと白のサテンのストールをかけて、わぁ、紳士なラウルだと一目でわかりました。

P1020752
田中希美さんのクリスティーヌのきらめく美しい歌声と演技、クリスティーヌに思いを告げるラウルの歌声の掛け合い、そして、ステージは水平に青白い光が射して、かのオペラ座の怪人のテーマ曲に!
団員の皆さんは、白い仮面をかぶり、真っ黒の衣装に一気に変身、クリスティーヌを囲んで、壇上からどんどん迫りくるたくさんのファントムとその歌声は私には一人のファントムの気にみえてきて、クリスティーヌの低音域からすごい高音域までの歌声と相まって、すごい迫力!!

P1020753
ステージは照明がシーンごとにいろんな色の光を照らし、風景が変化し、そしてあの重暗い地下の雰囲気に変わって、ステージ上方からは一点の光が灯り、ファントムの愛の想いが歌われて、なんと切ない。
怪人とラウルの愛の狭間にたたされるクリスティーヌ、ラウル役の皆さんがステージ前方でクリスティーヌを優しく包み込み、それを壇上の怪人役の皆さんが見つめるという、この対比のシーンも見事な演出でした。
そしていよいよクライマックス、クリスティーヌが「あなたの醜さは、あなたのお顔ではなく、あなたのお心なのです。」とつぶやいたあの衝撃の言葉に、怪人の心はすっと溶けて、ステージ中央にあたったスポットに、怪人は今までの苦悩の想いの一つ一つの仮面を取り去り、投げ捨てて、最後の一枚の仮面が静かに積み重なったとき、私にはこれがAngelの柔らかな羽に変わったように思えて、最後に一人上方に静かに去っていく怪人の後姿を見つめながら、羽になった仮面が天に舞い上がっていくようにさえ思いが湧きあがりました。
ほんとにそんなシーンに見えるほどの、心震える演出で、壇上にはたった一つのベンチソファがあるだけ、後はなにも大道具装置などなくても、こんなことが合唱ミュージカルで表現できるのだと、心震えたのです。
きっと富岡先生の想像力を掻き立てる最高のシナリオ、編曲、演出、指揮、見事なソリスト・奏者たち、照明・舞台進行を手掛けられたスタッフたち、そして何より団員お一人お一人がファントムとラウルの二役を主役になりきって歌い、演じきられた作品への想いが、こんな素晴らしい音楽空間を創りだしたのでしょう。

P1020755
カーテンコールのアンコールの時には、観客も感動を共にして、会場溢れんばかりの拍手で、こうしてステージ上の演奏者と観客1600人が一つになれる瞬間、夢のようであり、夢ではないのですよね。こんなステージをやり遂げられた皆さんに、心からの祝福を送ります。

 

(2)元びわ湖放送プロデューサーのTさんからいただいたメッセージ

第3ステージのファンタジー「オペラ座の怪人」。映画や舞台で知り尽くされた小説のテイストを残しながらも、全く独立したステージに編曲し演出された貴兄の真髄が光っていました。特にコーラス全員に仮面を付けたり全員主役の演出に団員皆さんの動きも良く、無駄がなく、よく計算された演出で驚きました。またソプラノのソリストもパーカッションも貴兄の狙い通りの演奏力で男声合唱独自のトーンや声量に負けない、むしろ相乗効果がある聴き応えのあるステージでした。

 
P1020758x480 P1020757x480
クリスティーヌの田中さんとピアノの松田さん 打楽器の宮本さん

もちろん音楽も「オペラ座・・・」を知らない人にも充分楽しめる編曲でアレンジャーとしての貴兄にもまたまた脱帽でした。さらにぶっつけ本番に近い照明も(多分、時間的にも予算的にも制約された中で)あれだけの照明演出効果を出して観衆に舞台音楽の素晴らしさを伝えていたことに感服しました。

IMG_20150220_204401x480

(調光室前の私の席。前日夜22時の退館ぎりぎりまで照明を作りました。)

IMG_20150220_2118250007(こんなにも素晴らしい照明を作ってくださった葉加瀬さんに感謝)

まさにタイトルの「ファンタジー」にふさわしいステージを楽しませていただきました。
鳴り止まなかった拍手はそのことを物語っていました。

中山台コミュニティーの第九演奏会

1412takatazuka

宝塚市の中山台というコミュニティーにお住まいの方々による第九演奏会。
歌う方々も、演奏会を支えてくださる方々も、
そしてお越しいただくのも、ほとんどが中山台の方々。
そのような演奏会も今年で23回となりました。
まことに地域住民参加型創造事業のお手本となるイヴェントです。

P1020247x480

今年はバリトンに関西声楽界の重鎮 田中勉先生がご参加くださいました。
アルトには奥様の友輝子先生、テナーの井上ひろふみ先生をお迎えし、
ソプラノの遠藤先生という陣容は、まさに豪華キャストでした。

加えて今年は旧知の南出信一氏のコントラバスのソロステージが。
巨匠ゲーリー・カーのお弟子さんだけあって、
ソロ楽器としてのコントラバスの魅力をご披露くださいました。
(写真は入手次第掲載予定です。)

P1020210x480

リストによるピアノ2台のためのアレンジに
オリジナルの打楽器編成が加わった珍しいアンサンブル形式ですが、
これはこれで味わい深い第九だと思っています。

P1020255x480

今年は合唱がとても充実していて、
寄せ集めではなく、立派な合唱団として成長されていたことが
何よりもうれしく思いました。

12/7 一万人の第九演奏会

DSC_0021x480

(本番の数日前の朝日に映える大阪城天守閣です。)

この会が始まって32回目。佐渡裕が指揮をするようになって16年目。
山本直純さんの最後の4,5年から合唱指導を依頼されたので、
私としてもこのイベントに参加するようになって20年になるのかと驚きです。

今年は特に演奏が上手くいきました。
打ち上げ会場の前で、佐渡裕と偶然二人きりになりました。
私は思わず、
「佐渡、やっと思い描いた第九になったね。おめでとう!」と
今や世界的指揮者に向かってなんと呼び捨てにしてしまった!!!のです。
むかしの仲間っていうことでお許しいただきたいものです。

加えてソプラノソリスト並河さんにあっては、打ち上げ会場に入ってくるなり、
僕たち合唱指揮者たちの中に入り込んで、
なみかわ、ナミカワと歌仲間から呼び捨てされて・・・・
彼女も昔からの仲間です。

DSC_0036smallぼくにとって最高の喜びは「ちちんぷいぷい」の番組中、きゃしゃなお体にも関わらず、果敢に大阪マラソンに挑戦をした豊崎由里絵アナウンサーとお話しできたことです。厚かましく2ショットの写真に納まっていただきました。

公式な打ち上げ会場を後にし、
わが富岡クラスの120人が皆さんが待つ会場へ。
皆さんの晴れやかな歌いきったお顔をみて、
私までもがハイテンションになってしまいました。
大阪コンソートの「オーホリーナイト」と「小さな幸せ」に続いて
参加者みんなで第九のMからを合唱。ステキなひと時でした。

一万人第九、私の3クラスが終了しました。

DSC_0011(毎日放送からの花束を、いつもアルト一列目でしっかり歌っていた
小学6年生の女の子からいただきました。
写真提供はお体のご不自由なお母様をいたわりながら
ご一緒に参加のテナーのMさんです。経験者8クラス)

DSC_0103x480(もう一枚写真をコンソートのMさんから頂きました。
左の女の子はピアノの岡林先生への花束プレゼンターです。)

「終了」というよりも「修了」という言葉がいい表しているように思います。
受講生3クラス合わせて700名が
夏の終わりから経験者2クラスは6回のレッスン、
初心者1クラスは12回のレッスンを重ねてきました。

初心者は今年も「まったく第九は初めて」という方々が半数を占めました。
12回でこの曲を上手にうたえるとはおもいませんが、
少なくともベートーベンに近づき、
第九に親しみをもっていいただけた、と自負しています。

受講生のみなさま、大阪城ホールで
それぞれの思いを持って第九を歌い上げてください!!!

image1_480(初心者クラスにはお二人の目のご自由な方が皆勤でご出席くださいました。
お二人のご努力と付き添ってくださった方のサポートに感謝し、
毎日放送からのお花をお二人に贈呈しました。写真のお二人は毎日放送のスタッフです。
この写真はアルトの新妻に連れられてご参加のバスのUさんから頂きました。)

富岡先生(この写真は可愛い小学生のお嬢様とご一緒にご参加くださっている
Sさまが贈ってくださいました。この方はMBSの技術職の方なのですが、
一般の皆様と同じように毎年のように応募しご参加くださっています。)

 

とてもうれしいお便りをいただきました。抜粋して掲載させていただきます。

メッセージ (U様)
 今日は『一万人の第九』レッスン最終日でした。
とても名残惜しく、終わってしまうのが残念です。
 先生が今日、お話しされた「第九は人生の応援歌」という言葉はまさにいまのわたしの実感です。
 私事ですが先月初旬、父が急逝しました。喪中に歓喜の歌!?という言葉が一瞬、頭をよぎりました。
 しかし、毎週のレッスンはわたしの心の支えであり、生活の張りでもありました。
 第九を合唱していると「これからは自分の人生を楽しもう!」と思えました。
 明日、満中陰を迎えます。いまは両親を見送り責任を果たした安堵感に包まれています。 
 楽しいレッスンで合唱の喜びを教えて下さいました。第九に参加できる幸運に感謝しています。
 富岡先生、本当にありがとうございました。

 

メッセージ (K様)
第九で富岡先生の森ノ宮Dクラスにテノールで参加させてただいた者です。
本日は最後の練習でしたが、12回の練習を終えて改めて富岡先生のクラスで
練習できたことを幸せに感じ、今日は最後にお礼を言うこともできませんでしたので、
メールさせていただきました。

元々クラシックに全く興味のなかった私ですが、
彼女に連れられてなんとなく参加したのが去年です。
楽譜が読めない中、CDを買って通勤の電車で必死に歌詞とメロディーを覚えたことを覚えています。
四苦八苦しながら参加した去年から一転、
今年は毎週本当に楽しく練習に参加することができました。

富岡先生の授業は、楽しいながらも
ベートヴェンの想いや、音楽とは何かという非常に深いテーマがあって、
それが私にとってはとても充実した時間でした。
今日の最後の練習、とても感動しました。
ベートヴェンがどんな想いで第九を作ったか、
それを受けて私たちはどんな気持ちで歌うべきなのか、
富岡先生の情熱あってこそですが、先生の言葉がとても心に残りました。
なんだか最後は学校の卒業式にいるような気分で、
このクラスからの卒業が寂しくもありました。
「学生の時もこんな先生からこんな音楽の授業が受けられていたら
きっとクラシックにもっと興味を持てていたのに」そんなことさえ思いました。
2週間後には本番ですが、富岡クラスの練習を胸に秘め、
精一杯ベートヴェンのフロイデ!を表現してきます!

森ノ宮Dクラスのテノールの若者より

 

メッセージ (O様)
今日最後のレッスンを終えて、どうしてもお礼を申し上げたくてメールさせていただきました。
今まで第九をなんとなく聞いていてなんとなく感動していたのですが、
今日のレッスンのお話を聞いてとても心に響きました。
先生の人柄を感じて、最後は涙が止まらなかったです。

休憩後の先生のサプライズにとても感激し、
なんだか卒業式みたいな感じがしてとてもさみしい思いになりました。
ベートヴェンの想いや、人生の応援歌だとおっしゃる
先生の一言ひとことがとても身にしみて、
本当に先生に教えていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
これまでなんとなく聞いていた第九も、全く違ったものに聞こえてきました。
音楽って感じ方で全く別物になってしまうのですね。

かい先生のかっこいいピアノと富岡先生の厳しくも優しさのある指導に、
第九に参加できている喜びを感じました。
これからお会いできないのかと思うとさみしい気持ちになりますが、
先生のクラスで歌えたことを忘れずに本番に挑もうと思います。
先生のクラスで、第九の素晴らしさをたくさん教えていただきました。
本当にありがとうございました!

 

光の教会でのコールカナリーのコンサート。

チラシ480
12名のアンサンブルですが、
この団体でしかできないこと、この団体だからできることを念頭に、
安藤忠雄の代表作の一つである
光の教会・日本基督教団茨木春日丘教会で行うことができました。

教会の豊かな響きの中で、
少人数アンサンブルの「いいところ」を発揮することができました。。
メンバーお一人おひとりが自覚と責任を持って取り組んでくださったことが
何よりもうれしく誇りに思いました。

この祈りの場である礼拝堂での演奏会をお許しくださった春日丘教会の皆様、
私たちを導いてくださった安田長老、
マザーテレサの言葉を曲中で朗読くださった下川長老、
そして私たちのためにオリジナルの降誕物語を綴り語ってくださった大石牧師に
心から感謝申し上げます。

「カナリーでしかできない演奏会」というコンセプトでしたが、おわってみれば、
「茨木春日丘教会だからできる、春日丘教会でしかできない」音楽空間だったな、
という思いを強く心に覚えました。
そしてそこには神様の導きと恵みがあったことも・・・・。

 

感想を滋賀男声のAさんがお寄せ下さいました。
==============
昨日はとってもとっても素敵なひと時を有難うございました。
春日丘教会独特の個性的な雰囲気と
少人数のカナリーの個性を知り尽くした富岡先生が、
誠に粋な選曲と企画、そして味わいのある演出で、
ひと月早い上品なクリスマスコンサートを楽しむことが出来ました。
ここまでこられるのには多々ご苦労があったものと想像しますが、
富岡音楽をやり終えた者だけが味わえる幸せ感を
12人の団員の皆さんが、しみじみと感じておられるものと確信しております。
団長の柴田さんが常日頃「少人数」を気にしておられましたが、
少人数の点とパートの声量バランスは全く気にならず、
逆に強みにさえ感じられ、豊な表現力は素晴らしいものがありましたね。
特につかみの「マザーテレサ」は、納得でした。
それに加えて、富岡先生の「コンサートの企画力」にも脱帽致しました。
音楽会というのものは、基本となる演奏の質のみならず、
指揮者と演奏の発するオーラとそれを受けたお客様側からのオーラ、
それがうまく融け合ったコンサートの楽しさ、
ホールの持ち味を生かす演出、演奏の間の取り方、等々
全ての要素を読み切った上で企画構成を考えるものなのだ!と痛感いたしました。
先生が思い描く富岡流のシアターピースとは、
これをもっともっと高めてゆくことなのでしょうか。
又々、感動の一日を有難うございました。

 

11/2 白浜バプテスト基督教会を再訪しました。

P1020061x480同志社グリークラブのOB団体の一つである
クローバークラブ水曜会のメンバー14名の方々が、「小さな幸せ」を演奏し、
教会の昇天者記念の「諸聖徒の日礼拝」にご奉仕くださいました。
メンバーは79歳から88歳までのご高齢にもかかわらず、さすがにベテランです。
見事な歌心とハーモニーを礼拝堂に響かせてくださいました。
今回の再訪の呼びかけ人はこのグループの最長老の岡本氏。
前回の大阪コンソートの表敬訪問団のメンバーでした。
またその時の参加者だった山岡氏は今回も同行くださいました。

P1020051x480指揮者の脇地先輩。このグループの最年少!!!。新宮のご出身です。

P1020047x480前日から読売放送の白浜保養所に投宿。朝9時からの教会での練習風景です。

P1020058x480私も「小さな幸せ」を指揮させていただきました。

P1020057x480美佳も伴奏者として奉仕しました。

今回の再訪にあたり、最もうれしかったことは、
一昨年初めて表敬訪問した時に、礼拝出席者を前にして
この教会に保護されたあと気力を回復し、
社会への再出発の「証し」をたてられたあの青年が笑顔で私に
「その節はありがとうございました」と
ご挨拶くださったことでした。
今はNPOの関係団体のお惣菜屋さんの責任者としてご活躍です。

また今回の訪問にあたり
奈良合唱フェスティバルの演奏会に関連して楽譜購入で寄せられた寄付金、
フラワーコーラスの団員による寄付金、
三田シルバーコーラスの皆様からの支援物資をお渡しすことができました。
感謝申します。
領収書等は「小さな幸せ」特集ページで後日ご報告します。

30年ぶりの戴冠ミサでした。(10/8朝日新聞記事追加)(9/30 奈良新聞記事追加)

10/8追加 朝日新聞の記事をNPO地創研の成田様よりお送りいただきました。
合唱フェスティバル(朝日報道10月)_4809/30追加 コンソートの八張さんから奈良新聞の切り抜きをいただきました。narashinnbunこれより以下9月24日投稿の本文です。

img016地域創造政策研究センターの主催の演奏会に招かれ
モーツアルトの戴冠ミサを指揮する機会に恵まれました。
30年前、まだ合唱というフィールドだけで活動をしていた頃と
今の自分との違いを知る機会ともなりました。
モーツアルトの主要オペラは暗譜で指揮できるまでに経験を重ね・・・
オーケストラコントールの実践の場を数多く与えられ・・・
14年前に洗礼を授かり・・・
これらの結実として今回の演奏ができたように思ったことでした。
そして何よりうれしかったことは、
モーツアルトの譜面の向こうに、彼の肉声が聞こえてきたように
思えたほどにモーツアルトを近くの人に思えた事でした。

 IMG_20140922_170302120人のコーラスの皆様からは「今までの宗教音楽の概念を覆されました」
、そして奈良フィルハーモニーの皆様からは「なさりたい音楽がよく伝わります」
とのお言葉が、合唱練習3日間、オーケストラ練習90分、
オーケストラ合わせ120分というタイトな状況の重圧から
私を喜びに導いてくださいました。
NPO法人の皆様、プロデュースくださった池田光政先生との絆に感謝です。
若いソリストの皆様の献身と出会いにも感謝です。
そして応援に駆けつけてくださった皆様に心からお礼申し上げます。

当日のアンコール曲「小さな幸せ」をロビーで販売を!
という池田先生の発案でしたが、
何と用意していた100冊が完売という事態となりました。ありがたいことです。

とてもいい音楽会に恵まれました。

滋賀男声の長谷川さんから写真をお送りいただきました。
ありがとうございました。

R0012214_480

全国大会ご声援ありがとうございました。新潟そして佐渡へ。

asahi1408_2コンソートの全国大会では「ひまわり賞」はいただけませんでした。
しかし、これからのコンソートが合唱団として機能するために、
とてもいい経験となりました。
「音楽をするセンス」「合唱をするメンタリティー」
これらを高めることの大切さをメンバー一人ひとりが
心に刻むことが出来たように思います。
合唱仲間のみなさまのご声援には心から感謝です。
これからのコンソートの飛躍をもって、
励ましにお答えしようと思います。

—————————————–

みんなと別れて佐渡に渡りました。
疲れた体を癒すことが目的だったのですが、だめでした。
せっかく佐渡の来たからには「朱鷺」よりも・・・
と、日本を代表する和太鼓演奏集団「鼓童」の練習場を尋ね、
レクチャーを申し入れました。
前日予約と書かれていましたが、運よく当日朝の電話にもかかわらず、
受け入れてもらえました。
インストラクターの「十河さん」は鼓童の創立メンバー。
大阪のご出身の方でした。
90分のワークショップは汗びっしょりとなり、少し気分も晴れました。

P1010975_480鼓動

 

 

大阪コンソートSSA 大阪府代表に! 個人としては5年連続!

1406_consort_stage

 

大阪府合唱連盟のおかあさんコーラス大会出場の50団体の中から、
私が指揮する大阪コンソートSSAが選考委員選出の代表となりました。
昨年初めてこの部門に参加して、いきなり優秀賞の受賞、
そしてわずか2年目にして強豪・古豪がひしめく中での「代表」。
この快挙を応援に駆け付け、一緒に美酒に酔いしれた
コンソートのたくさんの男声陣とともに素直に喜びたいと思います。

私としては2010年からの京都のフラワーコーラス2年連続、
翌年のふじの花、さらにその翌年のフラワーコーラス、
そして今回の大阪コンソートSSAと続き、5年連続の出場権獲得となります。

1406_consort_asahi

皆と祝杯をあげて、帰宅して喜びをかみしめながら思うこと・・・。
いい仲間に恵まれている、その一言につきます。
音楽を自ら奏でない音楽家である指揮者として、
仲間ほどの恵みはないことをヒシヒシと心に感じています。

滋賀男声との数々のお褒めいただいている演奏も、
今回の5年連続の快挙も、
先週の奈良合唱連盟の選考委員も、
すべて僕の周りにいてくださる仲間の献身があってのこと。
仲間の皆さんに感謝せずにはいられません。

「賞」をいただくたびに、
お前のやろうとしていることは間違っていないよ、
という天の励ましをいただいているように思います。

音楽って素晴らしい!楽しい!をこれからも
さらにみんなと一緒になって極めたいと強く強く願っています。

1406hyoushoujo

■選考委員のみなさんの講評■

〇音楽が溢れていて、躍動していて素晴らしいですね。
〇声も豊かで充実していていい。とてもいい。
〇チルコットの世界を楽しみました。

〇衣装ステキですね
〇歌もいいですね~。
〇身体にリズムが上手く入ってます。
〇演出もなかなか。発声も好きです。
〇Agnus Deiも観衆の心をグッとつかむ技を心得ています。

〇素敵な演奏をありがとうございました。
〇ますますのレベルUPを!

〇表情も良い。
〇声もそろっていて心地よい
〇スケールの大きなコーラスになっていたと思います。

選考委員の皆様ありがとうございました。

岐阜県立加茂高校演奏会ゲネプロ

IMG_20140505_130018_2.jpg

IMG_20140505_130018_2.jpg

たくさんの卒業生たちがお手伝いに来てくれます。
中でもこの4月に大学生になったばかりのみんなとの再会はうれしいものです。

IMG_20140505_125844_2.jpg

IMG_20140505_125844_2.jpg

明日の演奏会では私は
「白鳥の湖」と「ウエストサイド組曲」を指揮します。