【城陽での2つのイベント・・講演と合唱指導】・・・城陽コーラルフェスタ2015

joyoチラシ

「城陽コーラルフェスタ2015」が城陽市文化パルク城陽プラムホール・大ホールで
開催されます。
出演団体15団体 出演者総数300名。
いま注目されている西城陽高校合唱部も賛助出演してくださいます。
私は13時50分からの40分間の時間をいただいて14時30分まで) 
○ 「小さな幸せ」の誕生秘話については是非・・。
○ 「小さな幸せ」の出演者300名と観衆の皆さんとの全員合唱などを
仰せつかっています。
お近くの方はお立ち寄りください。

【城陽での2つのイベント・・・はらっぱブラスの報告】

4月30日の「はらっぱブラス」の立ち上げには
芸術監督を仰せつかり、2000人近くの動員を得て
初めての企画としては主催者側の人間として
盛り上がりは大変うれしいこととなりました。
下の写真は木津川運動講演の副園長の濱野さんとのツーショット。
その下のリンクは当時の様子を伝える京都新聞記事へのリンクです。
hamanox800

リンク
ハラッパブラス京都新聞

ご心配おかけしています。交通事故の顛末

5月22日、阪神高速空港線を走行中、突然後方から追突されました。
車は全損という大事故。救急車で病院に搬送され、レントゲン検査の結果、骨に異常なしの診断。外見的には大丈夫なのですが、いまだに「不眠」「無気力」から抜け出せません。週に一度外科受診に通うのですが、具体的な治療はなく、ただ「痛み止め」の塗り薬と、「精神安定剤」を処方させるだけ。救いは週2度通う「接骨院」での癒しタイムという状況です。
ご心配いただいていますが、この「ムチうち症」は時薬に頼るしかないようです。
健康体ではありませんが、日常の仕事にはこなせています。
ご心配をありがとうございます。ご報告まで。

【2015年合唱祭報告ー大阪編】 コンソートSSA3年連続優秀賞受賞

1432478274254合唱団 大阪コンソートSSAが
3年前の初出場から3年連続の
「優秀賞」をいただきました。
コンソートは昨年度に全日本への
代表権を得たので
全国大会への2年間の出場権利が
ありません。
したがって今年度は「優秀賞」のみ。
しかしながら、
混声練習の前や後に30分だけの
練習をなんとか積み重ねるしかない
ハンディーを克服しての受賞を
メンバーと共に素直に喜びたいと
思います。

同日参加した河合長野の女声合唱団ピアチェールも好演。
賞はいただけなかったけれど、
レベルアップした演奏は審査員から
「美しい声」「透明感のあるハーモ二―」「洗練された音楽」
というお褒めのお言葉を頂戴しました。

尚、今後の各地の合唱祭などの
私の予定は次の通りです。

京都府合唱祭
5月30日(土) 八幡市民会館
■ ふじの花は新実徳英さんの意欲作を
■ フラワーコーラスは
私が注目するアメリカの作曲家Gilpinの作品を演奏します。

5月31日ハラッパブラス
城陽市木津川運動公園
■音楽監督を仰せつかりました

第53回奈良県合唱祭(第38回全日本おかあさんコーラス関西支部奈良大会)
6月13日(土)~14日(日)さざんかホール大ホール
■ 一日目は選考委員を、二日目は全団体の講評を仰せつかっています。

大阪府合唱祭
6月27日(土) 池田市民文化会館
■ 合唱団 大阪コンソートを率いて
モーツアルトレクイエムの最終曲を演奏します。

全国男声合唱フェスティバル
7月5日 京都コンサートホール
■ 滋賀男声とオペラ座の怪人8分ヴァージョンの初演です。

JOYOコーラルフェスタ2015
7/20(日・祝) 文化パルク城陽
■ 講演と小さな幸せの合同演奏です。

突然ステンドグラスから陽光が・・・モーツアルト・レクイエム

DSCF5226-1-1blogスタッフ集合の8時前、誰もいない聖堂に一人入り、天井からつるされた十字架のイエス像を見上げた。その痛々しい姿にこみ上げる涙をどうすることもできなかった。僕のそばにちかづいたシスターは僕の様子を見て、声もかけずにとおりすぎてくださった。「今日一日私を御用のために用いてください」心のなかで祈る言葉はこれしか出てこなかった。

「教会音楽は教会で」という信念。信仰の浅い私ごときが、実績もない合唱団を引き連れて公言するにはあまりにも無力、非力。でも前回のフォーレの時の池永大司教、そして今回のモーツアルトの前田大司教が共に司教座聖堂である聖マリア大聖堂での開催をお許しくださった。

開催のお許しを得たのが1月中旬。わずか3か月の準備期間に、素晴らしいソリストやオーケストラ奏者が集められ、コンソートのみんなは綿密な準備に奔走してくださった。

モーツアルトのレクイエムを何度も演奏したことのあるソリストもオーケストラも聖堂での演奏は初めて。戸惑いつつも、「大切な祈りの場」での演奏に襟を正してくださった。

合唱団の練習場にこの聖堂の聖歌隊の方がお越しくださり「私どもの聖霊溢れる聖堂で、皆さんの祈りの音楽が鳴り響くことが嬉しくてなりません。」との感動のお言葉にどれだけ励まされたことか。

祈りを導いてくださった聖職者やエキュメニカルチームのリーダーからいただいた「今の日本が失いかけている希望と喜びを感じることができました。」とのお言葉も心に染み入ります。

12ページ立てプログラムのほとんど全ての文字原稿とデザインを一人でこなし、ステージ上の合唱団一人一人の並び位置を決める作業を見た知人から「そんなことまでするのか!」と驚愕されたのものです。これもそれも素人集団のコンソートが大切な祈りの場をお借りするからには、礼節をもって答えるべきとの思いからでした。

客席にいた方からレクイエムのSanctus【感謝の祈り】の時に西のステンドガラスから急に陽光が合唱団とオーケストラの上に降り注いだ、とお聞きし、その業に恐れとおののきを心に簿えます。本当に導かれた3か月でした。

お支えくださってありがとうございました。

蘇ったYAMAHA FX-3

究極の名機!の誉れ高い我がスピーカーが、
15年ぶりに蘇りました。
歪がひどくて、左右のバランスも悪い・・・。
メーカーに問い合わせても、
古くて部品がなく修理不可能との返事。
そんなわけで放置していました。
でもその間幾度となく引っ越しをしても、
グランドピアノは処分しても、これは手放さなかった。
片方だけでも60kgあるというのに・・・。

当時はオーディオブームの真っただ中。
JBLやらタンノイの海外スピーカーが人気の的というのに、
FX-3を試聴して音像のクリアーさに一目ぼれ(一聴ぼれ?)。
オーケストラのビオラの音像と音位置が見えるのです。
1981 (昭56)の大卒初任給は12万円。定価44万円で購入。
もちろん長期ローンで。

修理に持ち込んだ大阪港区の

    リテイルマネジメントの島田さん


開口一番「今じゃ、こんな完成度の高いものをどんなメーカーでも作れはしません」

こやつの蘇りが僕のモーツアルト・レクイエムのための
準備の緊張から救ってくれています。
30年以上もぼくの人生に付き合ってくれた友人の病を
完治くださった名医島田さんに感謝です。
豊富な経験と高い技術を備えたいい方と出会えました。
そして音楽を愛す方でした。
(ひょっとして風貌からしてジャズプレイヤーかも?)

尚、入院治療費は65000円でした。保険外自費なので・・・。

4月29日のモーツアルト・レクイエムのソリストが揃いました。

ソリスト

今の私が望む最高のソリストが揃ってくださいました。
これは奇跡的です。
通常私たちの仕事は6か月先の演奏依頼が常識なのですが、
これほどの実力者がスケジュール調整をしてくださいました。

イタリアに旅立つ前に一番に関空でしたことは
イタリア仕様のルーターを借りることでした。
このおかげで、毎朝毎晩いつでもどんなところでも
関係者とのメールのやり取りが可能となりました。
10年前にフィレンツエに滞在した時は、
電話回線での通信でした。
世の中進んで知る!!と実感しました。
オーケストラもコンサートミストレスの伊藤奈由美さんをはじめ
各セッションの首席をお願いした方から、
次々と「メンバーそろいました」とのご連絡が。、
加えてあるヴァイオリン奏者からは
「モツレクを一つの心で演奏出来るように心します。」と、
心強い素敵なコメントを寄せてくださいました。
恵みに感謝です。ほんとに有難いことです。
いまチラシづくりに励んでいます。

イタリアから帰ってきました。(URLの訂正)

DSCF1987x480
8日間のイタリアの旅から無事帰ってきました。
ミラノ、ヴェローナ、ヴェネチア、フィレンチェ、ローマと
あわただしい日程でしたが、38名の方々と楽しく周遊できました。
あいにく1月はコンサートもオペラも閑散期。
でもそれぞれの街の雰囲気を楽しむことができました。
ヴァチカンのサンピエトロ教会でのミケランジェロのピエタ像との出会いは
このたびの中のいちばんのショックでした。

ご一緒くださった皆様のための写真投稿サイトを作りました。
ご一緒くださった方のみが閲覧できるサイトです。
http://30d.jp/italia1501/1
PWが必要です。
ご案内のURL違いでご迷惑おかけしました。

1.17の日に神戸に。

  

P1020468_480P1020449_200

神戸元町の聖公会聖ミカエル教会でのエキュメニカルの集いにコンソートから14名のメンバーが奉仕に駆けつけてくれました。
今日は阪神淡路大震災から20年。
聖ミカエル教会の近くの兵庫県の迎賓館には天皇皇后両陛下がおいでということで物々しい警備で した。
礼拝後、神戸市役所の南公園の追悼慰霊会場へ。
私達も竹筒にろうそくを浮かべ、犠牲者に祈りを捧げました。
聖ミカエル教会はかつて神戸山手女子短大で教えていたころの通勤路。卒業演奏会ができなくなった彼女たちのために、数か月後新神戸の広場で、そのころ関係していた長岡京市民管弦楽団を呼び、彼女たちと一緒に卒演のvivaldiのgloriaを演奏したこと、また阪急が西宮北口まで動いたその日に不明だった学科長であり神戸オペラ協会の会長さんご夫妻を探し当てたこと思い出しておりました。

P1020457

P1020461_480

 

新年明けましておめでとうございます。

P1020261

鎌倉山荘は元旦から3日続きの降雪でした。
でも3日の日の出は太陽の輪郭は見えなかったけれど、
見事な朝焼けでした。
薄明かりから次第にグレー、ピンク、オレンジ、、赤と
雲に映える色彩の変化は、息を呑むほど感動的でした。
それをカメラに収めたのですが・・・・。

今年の年賀状はコラージュ風に。
記事内容は画像をクリックくだされば、細かい文字も拡大されます。

今年もよろしくお願いいたします。

2015年賀web