Blog 投稿記事

元八幡市長・京都府会議員 明田功先生を偲んで

明田先生アメリカ留学を終えてもすぐに音楽活動だけで、というわけにはいかなかった。そんな折、洛星高校の関係者が経営する予備校と塾で英語を教えることになった。先生方のほとんどが洛星高校から京大卒、という経歴の優れた頭脳集団でした。そこで教務主任として講師指導も担当していたのが明田功先生でした。農学博士という学位もお持ちでした。小学生から高校生までどの教科もOK、授業も面白いと生徒からの人気もすごかった。

何ということでしょうか。今年の2月に、当時の女子中学生から30年ぶりにお手紙が舞い込んできました。その中で明田先生のことがこのように綴られていました。
「明田先生も 小学生での一生忘れられない先生のお一人です! 早速 先生の記事やツイッターを2時頃まで読み~ おかげで昨夜は南京都学館の様々な夢を見ました。明田先生の顔写真を発見してもうそのまんま!懐かしくて叫んでしまいました。 当時から先生のてっぺんは髪の毛が淋しかったので? 髪の両サイドのボ リュームが減っただけで。 私は、先生の大ファンで セサミストリートのカウント伯爵に似ているので、切 り抜きを渡したことがありました。 明田先生が、理科の授業で細胞壁の話になった時、人間には細胞壁は無い~という話 から「本当は人体の勉強がしたかったのに どうしてもかなわず、結局、植物の科に入ったが、 今でも人体のレベルの学問がしたいんだ… 」と悔しそうにぼやかれていたのも覚えて います。  当時、明田先生は独身でおられたので「きっと塾の先生やと、給料が安いから結婚できへんのちゃうか~」 などと、小学6年の我々女子どもが好き勝手言ってたのです、ホントに失礼極ま りなく…。  明田先生のツイッターから、4人のお子さんに、お孫さんまでおられることも分かり もう70歳になられたのですね(@_@;) 自分が50なのだから仕方ないのですが …。 私が小6前の春休みに、勝手に母が入塾を申し込んでおり、嫌々怒りながら行き始めたところが、 明田先生の真顔で非常に面白可笑しく説明され、かつ浸み入るように分かる授業テ クニックにたちまち魅了され 学校より塾の授業の方が楽しくなり、 当時の南京都学館は、教えのプロ集団と言うか明田先生も 富岡先生も一般の人と何か違う、勢いやオーラが溢れ人を惹きつ ける特別な方でした! やはり、それぞれそのオーラのまま、さらに大きな世界で御活躍だったんですね。 明田先生や、富岡先生がずっと教えておられたら、今頃東進ハイスクー ル並みの規模になっていたのでしょう。 やはり、指導者の力量で、同じ教科書でも生徒の伸びが全く違います。」

私はこの手紙を第2日赤の病床にいた先生にお届けしました。「よく覚えているもんだな」としみじみと、嬉しそうに読み進められていました。

余談ながら、奥さまの昌子さまとの出会いも、この塾でのことでした。昌子さまは先生の教え子でもあり、のちにこの塾で事務職としてお務めだったのです。

この塾が予備校として学校法人化されてまもなく先生はここでの職を辞され、紫野・船岡山のご実家、京田辺、宇治の小倉、そして八幡市で自ら塾を立ち上げて、理想の教育の場を求めつつ、経営者としても手腕を発揮されました。私といえば、大阪芸術大学から指揮法の講師としてお声掛けいただき、プロとしてなんとか独り立ちできる環境を得ました。お互いに別々の道を歩み始めてまもなく、突然、明田先生が京都府会議員に立候補という話が飛び込んできたのです。政治家としてはアマチュアなのに?と思いながらも選挙事務所に一升瓶掲げて陣中見舞いをと出かけました。しかし残念なことに選挙事務所まであとわずかというところで、明田先生が窓から身を乗り出して手を振る選挙カーとすれ違うことになってしまいました。このすれ違いから20数年、年賀状のやり取りだけで、府会議員、八幡市長時代はお会いすることはありませんでした。いや先生の政治家としての激務の日々をお邪魔してはならぬと自重したのでした。ただ一度、向日市長の久島さんと明田先生が同席した折に、私の話が出たようで、二人して代わる代わるお電話でお話くださいました。久島さんは私が立ち上げた長岡京市民管弦楽団のメンバーだったのです。

公職から解放され、久しぶりにご自宅に招かれました。開口一番「昌子と一緒にでかけたヨーロッパのアルバムを見てよ。」と膨大な量の写真を拝見。それはヨーロッパ各地の名所ばかりでなく、アルプスでのトラッキングの写真も多く含まれていました。「昌子には何もしてあげれなかった。罪滅ぼしのつもりで、思いっきり二人で楽しんできたよ。」という語る先生のおやさしいお顔は忘れられません。京都府会議員、八幡市長時代のお話など全く話題にはなりませんでした。先生の中では「燃えつくした政治家」として、もはや過去の話など門外漢の私を相手に口にしたくなかったのでしょう。「これからはゆっくり過すよ。ある大学からのお誘いもあるけれど・・・」

にもかかわらず今年の1月に突然「城陽の木津川運動公園に来てよ」との電話。広大なハラッパでした。「この公園の指定管理者の理事長になった。ここでブラスバンドのフェスティバルをしようと思う。アイディアをだしてプロデュースしてよ。」と。

5月の当日は前日までの激しい雨もあがり、晴天のもと3000人もの動員があり、初めてのイヴェントとしては大成功でした。しかしこの日も先生は病床から抜け出すことはできなかった。その3カ月ほど前に「がん告知された。生物を勉強してきたから、病院でのCT画像を見て、深刻なものであることが分かった。病床からハラッパブラスのことで指示を出すことになるけれどよろしくね。」と。余命期間を知らされた私はただただ狼狽するばかり。どう受け止めていいものかもわからず、先生の苦しみが少しでも和らぐようにと祈り、とめどもなくあふれ出てくる涙を流すだけでした。先生と私の最後の友情の証となった「ハラッパブラス」、本当に二人で祝杯をあげたかった!!!

本葬の折、私が指揮した聖マリア大聖堂でのモーツアルト・レクイエムのCDによる楽曲を流して、御出棺の時を迎えてくださった。また後日の偲ぶ会でも私が指揮する管弦楽曲のCDを流して、たくさんの関係者をお迎えしてくださいました。ご家族の明田先生と私の絆を思ってのご配慮に深く深く感謝でした。

偲ぶ会でお話する機会を与ました。「ご家族の悲しみを思うと心が痛みます。でもここに集った方々もそうであるように、私の心の中でも明田功は生き続けます。そして先生の背中を追い続けます。先生と出会ったことに誇りを持ちながら。」と遺影の前でお別れの言葉を捧げました。私に続いて財団の後任となった濱野園長の「身近な死を知って、生かされていることを知る。」というお言葉に、先生を側面から支え続けた奥さまの昌子さま、仕事上でお力添えくださっている二人のお嬢様とも、私が生かされている限りお付き合いを願いたいと心から思ったのでした。

人生のどんな状況下でも真正面から真摯に受け止め、全力疾走された先生。ある人は言います。「生まれ落ちた時から、その人に与えられた仕事量は定められている。」 だとすると先生の人生は性急過ぎたのかもしれません。でも駆け足であっても先生の口から出てくるお言葉には常に「相手を思いやる愛」がありました。

人生を全うされた先生に献杯です。

 

富岡健

(明田功・八幡市長時代のツイッターはこちらです。https://twitter.com/aketaisao)

9月20日フラワーコーラスリサイタルご案内

flyer_fr28724C397102429

flyer_back28724x102429アメリカ音楽大学の留学を終え、
どこよりも早く僕を迎え入れてくださったのがフラワーコーラス。
以来、40年間の僕の音楽活動の礎として支え続けててくださいました。
ここ20年にはフラワーコーラスは、
ほぼ2~3年に一度の割合で、京都代表として全国大会に。
メンバーの年齢は確実に高まっているのに、
音楽への情熱と気力は衰えていないことは見事です。

この団体を数年導いてくださった浅井敬壹先生と
ステージ上で二人だけのトークタイムが予定されています。
向かって二人で話すことことなどは初めてかも。
どんな話題が飛び出すかは・・・、本人もわかりません。

今回のゲストは竹下清志ピアノジャズトリオ。
渡邊貞夫や日野皓正や小野リサなどトップアーティーストとセッションを組むなど
関西を代表するジャズピアニストの竹下さん。
合唱音楽ファンにとっても、ジャズの醍醐味をお楽しみいただけるでしょう。
加えてフラワーとのコラボのガーシュインメドレーは、きっと異次元的空間?!。

どうぞご声援ください。
詳細はhttp://flowerchorus.com/をご覧ください。

 

【城陽での2つのイベント・・講演と合唱指導】・・・城陽コーラルフェスタ2015

joyoチラシ

「城陽コーラルフェスタ2015」が城陽市文化パルク城陽プラムホール・大ホールで
開催されます。
出演団体15団体 出演者総数300名。
いま注目されている西城陽高校合唱部も賛助出演してくださいます。
私は13時50分からの40分間の時間をいただいて14時30分まで) 
○ 「小さな幸せ」の誕生秘話については是非・・。
○ 「小さな幸せ」の出演者300名と観衆の皆さんとの全員合唱などを
仰せつかっています。
お近くの方はお立ち寄りください。

【城陽での2つのイベント・・・はらっぱブラスの報告】

4月30日の「はらっぱブラス」の立ち上げには
芸術監督を仰せつかり、2000人近くの動員を得て
初めての企画としては主催者側の人間として
盛り上がりは大変うれしいこととなりました。
下の写真は木津川運動講演の副園長の濱野さんとのツーショット。
その下のリンクは当時の様子を伝える京都新聞記事へのリンクです。
hamanox800

リンク
ハラッパブラス京都新聞

ご心配おかけしています。交通事故の顛末

5月22日、阪神高速空港線を走行中、突然後方から追突されました。
車は全損という大事故。救急車で病院に搬送され、レントゲン検査の結果、骨に異常なしの診断。外見的には大丈夫なのですが、いまだに「不眠」「無気力」から抜け出せません。週に一度外科受診に通うのですが、具体的な治療はなく、ただ「痛み止め」の塗り薬と、「精神安定剤」を処方させるだけ。救いは週2度通う「接骨院」での癒しタイムという状況です。
ご心配いただいていますが、この「ムチうち症」は時薬に頼るしかないようです。
健康体ではありませんが、日常の仕事にはこなせています。
ご心配をありがとうございます。ご報告まで。

【2015年合唱祭報告ー大阪編】 コンソートSSA3年連続優秀賞受賞

1432478274254合唱団 大阪コンソートSSAが
3年前の初出場から3年連続の
「優秀賞」をいただきました。
コンソートは昨年度に全日本への
代表権を得たので
全国大会への2年間の出場権利が
ありません。
したがって今年度は「優秀賞」のみ。
しかしながら、
混声練習の前や後に30分だけの
練習をなんとか積み重ねるしかない
ハンディーを克服しての受賞を
メンバーと共に素直に喜びたいと
思います。

同日参加した河合長野の女声合唱団ピアチェールも好演。
賞はいただけなかったけれど、
レベルアップした演奏は審査員から
「美しい声」「透明感のあるハーモ二―」「洗練された音楽」
というお褒めのお言葉を頂戴しました。

尚、今後の各地の合唱祭などの
私の予定は次の通りです。

京都府合唱祭
5月30日(土) 八幡市民会館
■ ふじの花は新実徳英さんの意欲作を
■ フラワーコーラスは
私が注目するアメリカの作曲家Gilpinの作品を演奏します。

5月31日ハラッパブラス
城陽市木津川運動公園
■音楽監督を仰せつかりました

第53回奈良県合唱祭(第38回全日本おかあさんコーラス関西支部奈良大会)
6月13日(土)~14日(日)さざんかホール大ホール
■ 一日目は選考委員を、二日目は全団体の講評を仰せつかっています。

大阪府合唱祭
6月27日(土) 池田市民文化会館
■ 合唱団 大阪コンソートを率いて
モーツアルトレクイエムの最終曲を演奏します。

全国男声合唱フェスティバル
7月5日 京都コンサートホール
■ 滋賀男声とオペラ座の怪人8分ヴァージョンの初演です。

JOYOコーラルフェスタ2015
7/20(日・祝) 文化パルク城陽
■ 講演と小さな幸せの合同演奏です。

【第4回全日本男声合唱フェスティバルin京都~滋賀男声・オペラ座の怪人再演~】

Phantom-03-7602015年(平成27年)7月5日(日)
10:00~17:00
京都コンサートホール(1,833席)

全国から名門・老舗・強豪の
男声合唱団が集結。
滋賀男声合唱団は
先日のリサイタルで大好評だった
「オペラ座の怪人」を再演します。
ただし、照明不可・時間制限8分という
制約があるため、
新たにこの日のために編曲を起しました。ご期待ください。

チケット購入には全日本合唱連盟が受付となります。詳細はこちらです。
http://www.jcanet.or.jp/news/nyujouken.htm

 

【はらっぱブラスin KYOTO 音楽監督を仰せつかりました】

招待者リストp2京都府城陽市の
ひろーいはらっぱで音楽を聞きながら
のんびり過ごしませんか?

このイベントの音楽監督を
仰せつかりました。

元八幡市長・京都府議を務められ、現在この公園を管理団体の理事長の任にある
明田功さんと、お互いに20歳代からの友であることもあって、お引き受けさせていただきました。

広いめの敷物とお弁当をもって、青い空と白い雲と緑の草とブラスのメロディーが流れるはらっぱへようこそ。

5月30日は八幡市で
京都合唱祭です。
このイヴェントは↓

平成27年5月31日(日)開催
(雨天の場合は6月7日(日)に
順延します)
10時開演

【出演予定】
ウィンドアンサンブルピアチェーレ
宇治市民吹奏楽団
みやこ・ウィンズ
宇治市立南部小学校 金管バンド部
城陽市立城陽中学校 吹奏楽部
城陽市立西城陽中学校 吹奏楽部
城陽市立東城陽中学校 吹奏楽部
八幡市立男山第三中学校 吹奏楽部
京都府立西城陽高等学校 吹奏楽部 吹奏楽部
京都府立京都八幡高等学校 吹奏楽部
京都府警察音楽隊・カラーガード隊

はらっぱブラス案内

突然ステンドグラスから陽光が・・・モーツアルト・レクイエム

DSCF5226-1-1blogスタッフ集合の8時前、誰もいない聖堂に一人入り、天井からつるされた十字架のイエス像を見上げた。その痛々しい姿にこみ上げる涙をどうすることもできなかった。僕のそばにちかづいたシスターは僕の様子を見て、声もかけずにとおりすぎてくださった。「今日一日私を御用のために用いてください」心のなかで祈る言葉はこれしか出てこなかった。

「教会音楽は教会で」という信念。信仰の浅い私ごときが、実績もない合唱団を引き連れて公言するにはあまりにも無力、非力。でも前回のフォーレの時の池永大司教、そして今回のモーツアルトの前田大司教が共に司教座聖堂である聖マリア大聖堂での開催をお許しくださった。

開催のお許しを得たのが1月中旬。わずか3か月の準備期間に、素晴らしいソリストやオーケストラ奏者が集められ、コンソートのみんなは綿密な準備に奔走してくださった。

モーツアルトのレクイエムを何度も演奏したことのあるソリストもオーケストラも聖堂での演奏は初めて。戸惑いつつも、「大切な祈りの場」での演奏に襟を正してくださった。

合唱団の練習場にこの聖堂の聖歌隊の方がお越しくださり「私どもの聖霊溢れる聖堂で、皆さんの祈りの音楽が鳴り響くことが嬉しくてなりません。」との感動のお言葉にどれだけ励まされたことか。

祈りを導いてくださった聖職者やエキュメニカルチームのリーダーからいただいた「今の日本が失いかけている希望と喜びを感じることができました。」とのお言葉も心に染み入ります。

12ページ立てプログラムのほとんど全ての文字原稿とデザインを一人でこなし、ステージ上の合唱団一人一人の並び位置を決める作業を見た知人から「そんなことまでするのか!」と驚愕されたのものです。これもそれも素人集団のコンソートが大切な祈りの場をお借りするからには、礼節をもって答えるべきとの思いからでした。

客席にいた方からレクイエムのSanctus【感謝の祈り】の時に西のステンドガラスから急に陽光が合唱団とオーケストラの上に降り注いだ、とお聞きし、その業に恐れとおののきを心に簿えます。本当に導かれた3か月でした。

お支えくださってありがとうございました。