Blog 投稿記事

Faure Requim; 谷本智子さんがいらっしゃいます。

嬉しいお知らせが届きました。
谷本智子さんが4月30日のフォーレの会に
お越しくださるというメールです。
その日は主宰されている教室の発表会だったそうですが、
親御さんたちに事情をお話されて午前中に終わるように
ご理解を得たとのことです。
お人柄がしのばれます。
小さな幸せの出版から1年立ちます。
でもご本人とお会いするのは初めてです。
楽しみがまた一つ増えました。

大阪コンソートのホームページのフォーレレクイエムの特集ページに
演奏会に向けての進捗状況が書かれています。
是非お立ち寄りください。
http://consort.ken-music.net/faure.html

 

ハーモニー2012年春号に掲載の広告記事です。

新年あけましておめでとうございます。

2012年元旦の初日の出 (拙宅のベランダから東方向を撮影 曇ってて残念)

でも一夜明けて1月2日は・・・・

2012年 新年明けましておめでとうございます。
昨年中はたいへんお世話になりありがとうございました。

今年のお正月は引越しをして初めて、亀岡の山荘で迎えました。
元旦はお天気がよくて幸いでした。弟と妹の家族が揃って、おせち料理をいっぱい持って山を上がってきてくれました。

2日の朝、目をさめしてびっくり。一面真っ白な雪景色。余りの美しさに嬉しくなって、まだ誰の足跡もない雪の中をカメラを持って歩き回りました。

数日前、滋賀男声の前団長のKさんに尋ねました。「山荘でのことです。晴天のもと、きらきらと小さな小さな雪が、太陽の光を反射して舞う様にしばし見惚れていたのです、その現象を何と呼べばいいのですか。」

一日置いてメールを頂きました。「ダイヤモンドダスト。空気中の水分が氷り、空中にきらきら輝く。寒冷地、大陸内部や高山などで見られる。視界が1km未満の場合を氷霧、1km以上の場合を細氷という。」
そしてさすがにKさん、愛娘が嫁ぐ日の岐阜へ向かう車中からの風景を一句にして添えてくださいました。

「ダイヤモンドダストの中を嫁入りす 山去」

このダイヤモンドダストも、初夏の敷地に隣接する貯水槽で初めてみたモリアオガエルの産卵も、そして冬の星座のくっきりとした輝きと、久しぶりに耳にした子供達の「火の用心、マッチ一本火事のもと」の合唱も・・・。自然の織りなす造形美と人のつながりを満喫する日々です。山荘での生活は不便さよりも、自然の恩恵につながる快適さのほうがはるかに勝っています。

といわけでHPのタイトルも少し変えてみました。そしてこのブログも広告の出ないようにと、自作してみました。ブログの方は見切り発信です。これから色々と設定を試行錯誤刷することになりそうですが・・・。

今年もどうぞよろしくお付き合いとご指導をお願い申し上げます。

フォーレ・レクイエムの日時が正式決定しました。

一度はご許可下さった大阪カテドラル聖マリア大聖堂でしたが、教会事業の調整のために一ヶ月ほどペンディングに、とのことでした。

長い一ヶ月でした。カトリック大阪司教区の中心となる教会ですから、重要な教会事業が目白押しということをよく承知しているがゆえに、だんだん不安が高まりました。

しかし、仲介の労をおとり下さった広報室のMさまのご尽力のお陰で、当初から願っていた2012年4月30日(祝・月)に開催してもよい旨、正式にご許可いただくこととなりました。

カトリック大阪司教区さまと玉造カトリック教会さまが、最大限に私どもの意をご理解くださったことに、心から感謝申し上げます。

1年ほど前、超教派の礼拝にお誘いを頂きました。大阪の聖公会の川口教会でした。礼拝堂の祭壇にはカトリックの神父、聖公会の司祭、日本基督教団やバプテスト教会の牧師が並んで座り、それぞれが交互に祈りを捧げるという光景に、心が震えました。教派や教義を超えてイエスの名の下に一堂に会するのを見て、「音楽こそ超教派の象徴」と思ったのでした。

私一個人が言い出すには余りにも不相応、でも誰も言い出さない以上私が言い出すしかないか、との狭間にゆれながら、「震災孤児育英金のためのフォーレのレクイエムを、超教派の祈りの場で。」と決意したのでした。その決意の強さが大阪カトリック司教区大司教様との直接面談にと導いてくれたのでした。

演奏会当日はお客様に開演30分前にお集まりいただいて、フォーレ・レクイエムの第6曲目「リベラメ」の最後の斉唱部分をお稽古させてもらおうと思っています。200人になるか、はたまた500人になるかは知る由もありませんが、ピアニッシモの静寂の中、みな様の心を一つにしたいとの願いです。

「小さな幸せ」もオーケストラ版で演奏したいと願っています。京都市立芸術大学の作曲家中村典子先生がオーケストレーションをかって出てくださいました。

これも僕にとって一期一会の時、と心に命じて、たくさんの準備に取り掛かっていいます。ご声援とご指導をお願いします。

詳細は大阪コンソートのHPにUPしましたのでご高覧ください。
http://consort.ken-music.net/faure.html

エッセイ 談志から学んだ一期一会

ブログのリニューアル記念に、ではないのですが、最近の感動をしたためようと思いつきました。
立川談志の追悼番組を見てのことでした。生前は「乱暴な言葉の落語家」という私の印象が、
この追悼番組をみて見事に覆されました。

それを文にしたためるために資料を求めて検索をかけていたらすばらしい文章に出会いました。
しばらくそこからの引用をお読みください。
(http://ameblo.jp/gokigen-panda/entry-11113249800.html)

———————————————————————
談志の「芝浜」をナマで二度見たことがあるが、演じ終えた後は いつだって俺も
マダマダだな…」 という感じで、不満そうに高座を下りていた…。
4年前に演じた その「芝浜」は、2~3年前に放送されたNHKスペシャルで一
度だけ見たことがある…。

何が驚いたって…、
自分の落語にあんなにも満足している師匠の姿を見るのが初めてだったので…、
とにかくビックリした…。
「芝浜」の有名な下げ…、
「(よそう) また夢になるといけねぇ…」
※この時の談志は 「よそう」と「また…いけねぇ」の間に、妻の「どうした
の?」という台詞をはさんでいる…。

これを言い終えた後の師匠の顔と言ったら…!
客席に向かって人差し指を一本立てると、拍手喝采の中、
高座を下りることなく、ただ じっと…、 その拍手の中 座り続けていた…。
やがて腕を組むと、何度も何度も頷(ウナズ)いてみせた…。  依然として、拍
手はなりやまない…。
両手をゆっくり膝の上に置くと、それがまるで客を制する合図だったかのように、
客席の拍手はピタッと止んだ。

「また…、 違った…、 芝浜が…、 やれました…。良かったと思います。
こんなにできる芸人を…、 そう早く殺しちゃ…、 勿体ないよ…」

ここでまた、客席から大きな拍手が起きた…。
その拍手に 満足気に笑顔で応えると、会場の端から端までを ゆっくりと見て、ま
た何度も何度も頷いた…。
「ま、楽屋に入って…、 また反省というか…、 振り返ってみます…」
そう言うと、組んでいた腕をほどき 髪をひと撫ですると、

「くどいようですが、一期一会…。 いい夜をありがとうございました…」

言い終えて、また、ゆっくりと会場中を見渡し、にっこり微笑むと、
「さようなら…」 とでも言うように両手を大きく広げた…。
そして…、 これが談志最後の「芝浜」となった…。

最後に納得のいく「芝浜」が演じられて、良かったのだろうか…?
不満のまま終われば、その向上心が生きる力となって、また違う「芝浜」が見られ
たんじゃないだろうか…?
どっちが良かったのかは よく分からない…。

————————————————————————

いかがですか。毒舌で鳴らした談志の「一期一会…。 いい夜をありがとうございました…」
との言葉、驚きませんか。

古典落語もクラシック音楽も過去に発表された作品の再現。何十年、何百年の単位で
演じる人間と聞く人間が確かにいた。 でもお互いが「一期一会」と心に覚える演奏は決して
多くなかったはず。演奏者はプロの技術力を見せつけ、観客はそれに圧倒される・・・・。
そんな図式が氾濫する中で、いま一度たちかえらなければならないのは
「一期一会…。 いい夜をありがとうございました…」といえる演奏者の姿勢だろうし、
そして、そのように演奏者に言わしめる観客のまなざしだと思うのです。

僕自身の戒めとして、またこれからの指標として、談志のこの言葉を深く心に刻もうと思います。

合唱曲 小さな幸せ 出版から今まで(更新版)

*****************************************************
合唱曲「小さな幸せ」の混声版、女声版、男声版 三部作の出版に寄せて
*****************************************************

2011年2月にNHKスペシャル「無縁社会」という番組がございました。未婚、離婚、失業、職場での人間関係の希薄化等・・・。それらが起因となって、社会に居場所がないと苦しむ人たちは、高齢者だけでなく、すさまじい勢いで低年齢化し、日本列島に無縁社会が広がっている・・・、という深刻な警鐘を伴った内容でした。
その番組の中で、和歌山白浜の三段壁に終焉の地を求めた某大手メーカ管理職という初老の男性が白浜バプテスト教会の牧師によって保護される様子が写しだされていました。「寝る場所と3度の食事だけは提供しますから、気力が回復するまで、どうぞここでゆっくりなさってください。仮に気力が戻らなければ、ここで一生過ごしてもいいじゃないですか。」と牧師に諭されていました。
何カ月後かはわかりませんが、彼はアルミのボールを持って白浜の豆腐屋からボールいっぱいのおからをもらってきます。それでクッキーを焼き上げるのです。もう彼の顔には笑顔が戻っていました。そして教会でのクリスマスパーティーでは彼も加わった聖歌隊によって一つの歌が歌われました。

私はその曲にいたく感動し、次から次とあふれる涙をどうすることも出来ませんでした。番組終了後、すぐにその教会をネットで探し出し、藤藪牧師に「あの作品の出版社をお教えください」とメールを送りました。先生からその「小さな幸せ」と題された作品が未出版であり、白浜バプテスト教会の聖歌隊の指導者「谷本智子さん」のオリジナルの作品です、とのお返事を頂きました。

私は「音楽家として、またクリスチャンとして、この小品が日本中に広まって、人の心に暖かさが戻って欲しいと願っています。この作品を全国の合唱団に歌ってもらえるように編曲をすることをお許しください。」と一度も面識もない作曲家の谷本智子さんに申し出ました。彼女からは「身に余る光栄」と快諾を得ることができました。番組終了からわずか2、3日後でのことでした。

谷本さんから楽譜が届いてから私はまさに導かれるままに4時間程で一気に女声版と混声版と書き上げることが出来ました。
「‘心の居場所’を作りたい――無縁化した人たちが再び、社会とつながるための様々な試みを通じて、無縁社会を乗り越えるための処方箋は何か、解決の道筋を模索していく。」NHKのこの問いかけに対して、「小さな幸せ」というこの歌が、苦しみ悩む人々の「心の居場所」にそっと寄り添うに違いない、との思いで編曲をいたしました。

日本中がこの歌によって、心と心がつながることを願っています。

2011年3月  編曲者 富岡 健

という文章を書き上げたところに、東北に恐ろしい震災が・・・。自然の猛威は人の心までもどん底に追いやってしまった。「生き延びられたことが、いいのかどうか。」惨状を前にマイクを向けられた方の、力なく茫然自失と語る姿を見るたびに、こちらまで言葉を失ってしまいます。そんな中、私の音楽仲間のお一人が「小さな幸せ80冊を会津若松高校に送って欲しい」との申し出を頂きました。その方の出身校でした。頭が下がりました。大きな被害に苦しむ東北の高校生がこの歌をうたうことによって、心のなかで慰めと勇気が生まれてくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。500円の定価ですが、そのうち100円を震災孤児のための育英金の一助にすることに致しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

合唱楽譜取次店としては日本最大規模の(株)パナムジカ様が販売協力くださることになりました。

************************************************
新譜紹介 合唱曲「小さな幸せ」の書評 (株)パナムジカ
************************************************
[今、人の心と心をつなぐうた・・・「小さな幸せ」合唱版]

「小さな幸せは ほんとは大きな幸せ・・・」
と、なんでもない日常への感謝を歌った「小さな幸せ」という曲が、今静かな話題を呼んでいます。作詞・作曲をしたのは和歌山県在住の音楽家「谷本智子さん」。もともとは、教え子の結婚のお祝いのために作曲されたまったくプライベートな作品でした。ところがこの曲が、2月に放映されたNHKスペシャル「無縁社会」という番組中で流されるやいなや状況は一変、放送直後からTwitterなどで「あの歌に感動した。」「題名、歌詞を教えて」と、感想や、問い合わせが殺到し、一躍話題の曲になってしまいました。
今回この曲を合唱曲に編曲をした富岡健氏も問い合わせをしたその一人。「この曲を全国の合唱団に歌ってほしい。」という一念から、速攻で作曲者にコンタクトをとり、編曲の了承を得て、そして今回自ら出版までしてしまいました。
そしてその後起こってしまった東日本大震災。私たちは「小さな幸せ」がどれほど「大きな幸せ」だったかを痛感させられました。だからこそ、今この”小さな”うたが、私たちの胸に”大きな”感動を呼ぶのでしょう。多くの人に、優しい気持ちで歌っていただきたいと思います。

****************************************************
合唱曲「小さな幸せ」の演奏記録
****************************************************
女声版 演奏:フラワーコーラス&フリシェス アイ (音質向上の改訂版)

男声版 演奏:滋賀男声合唱団

混声版 演奏:合唱団大阪コンソート